特別養護老人ホーム

「特別養護老人ホーム」の費用や入居条件とは

老人ホームの一つである「特別養護老人ホーム」をご紹介します。


老人ホームには、様々な種類があり、入る老人ホームによって、費用や入居条件などが異なります。
そのため、入所するにあたって、それぞれの老人ホームの特徴などをしっかりと理解しておくことが大切です。

自分にとって一番何が大事か、何を基準に選んだら良いかなどを明確にしておき、入った後で後悔しない老人ホームを選ばなければなりません。

ここでご紹介する「特別養護老人ホーム」ですが、「特養」と省略されて使われることもあり、こちらの呼び方でピンとくる方もいるかもしれません。

「特別養護老人ホーム」は、身体的、精神的に障害があり、在宅で介護が難しく、介護保険で介護の必要があると認定された要介護者が入居する公的の福祉施設です。

この老人ホームは、介護保険によって、ある程度の負担は国が持ってくれるため、他の老人ホームに比べると、月額の負担額が低額になっています。

また、医師が常駐しており、設備がととの乗っているため、人気が高く、要介護と認定されても、全ての方が必ず入れるというわけではありません。
介護優先度の高い方からの入居となるため、場合によっては、何年も入居待ちということもあります。
月額の負担額が、他の老人ホームと比べて低額になるとはいえ、受けるサービスによって利用者負担があったり、食費や居住費などの自己負担分も多くなっているため、事前にチェックしておくことが必要です。


入居の年齢ですが、一般的に入居の年齢は、65歳以上の要介護者とされていますが、認知症などで、介護の必要があると認定された場合は、60歳以上でも対象となるようです。

入居できる条件は、個々の特別養護老人ホームによって異なりますが、希望者が多いため、過去の介護利用回数や介護者の状況など、厳しく点数分けして決められているところが多いようです。

経費は、入居金の必要はなく、月額10万円前後のところが多く、築年数や個室か相部屋などによっても異なります。
安いところでは、6万円〜、高いところでは15万円以上になるところもあります。


特別養護老人ホームへの入居をお考えの方は、お住まいの市町村の役場などで、問い合わせてみるとよいと思います。

老人ホームの探し方関連情報

老人ホームのひとつ「特別養護老人ホーム」についてご紹介しています。
入居条件や費用面などの特徴をご紹介していますので、参考にしてください。