有料老人ホーム

「有料老人ホーム」の特徴とは?

老人ホームの種類にはいろいろありますが、その中の一つ、60歳以上の方が、生活介護サービスを受けることができる「有料老人ホーム」をご紹介します。


「有料老人ホーム」と聞いて、パッと何を思い浮かべますか?
「高い!」という印象を持った方が多いのではないでしょうか?

老人ホームは、比較的低料金で利用できるというところでも、平均して10万円程度かかるところが多く、決して安い金額ではありませんよね。
それが、有料となると、必然的にそれ以上の金額となり、高額になるところが多くなっています。

確かに、以前は、経済的に余裕のある方のみが入居できるような、費用が高い施設が多かったのですが、最近では、利用しやすい金額になっているところも増えてきました。

費用としては、毎月の利用料と、入居一時金がかかり、毎月の利用料は、6〜60万円、入居一時金は、300〜3000万円程度が必要になります。

これほど格差が大きいのは、公的補助がないことや、有料老人ホームの種類の違い、事業者によって提供するサービス内容の違いがあるからです。

入居する部屋も、高額所得者向けの豪華なものから、生活保護受給者を対象としたものまで様々です。

有料であるため、比較的入居しやすい老人ホームであり、高額所得者の方は、こちらを選ばれる方が多いようです。
また、提供されるサービスですが、これは、「有料老人ホーム」の種類によって異なります。

「有料老人ホーム」には、自立した高齢者の実を対象とした「健康型の有料老人ホーム」と、介護が必要な方と不要な方の両方が対象の「住宅型の有料老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」の3種類があります。

「健康型の老人ホーム」では、露天ぶろやトレーニングルームなど、元気な方が、暮らしを楽しむための設備が充実しているところが多く、食事も付いています。
介護が必要になれば、退去のしなくてはいけません。

「住宅型の老人ホーム」は、介護が必要な方もそうでない方も入居できますが、介護サービスは提供されず、介護が必要になった場合は、外部の介護事業者と契約して、介護サービスを受けることになります。

「介護付き有料老人ホーム」も、介護が必要な方もそうでない方も入居できますが、老人ホームのスタッフによって、介護サービスを受けることができます。


「有料老人ホーム」は、非常にたくさんあり、費用やサービスなども多岐にわたるので、入居を検討する際は、できるだけたくさんの老人ホームを見てまわり、比較した上で、決めることをオススメします。

老人ホームの探し方関連情報

「有料老人ホーム」とは、どんな種類の老人ホームなのかをご紹介しています。
費用が高くつくというイメージがある有料老人ホームですが、その理由は何なのでしょうか。