養護老人ホーム

「養護老人ホーム」とはどんな老人ホームなのでしょうか

老人ホームの一つである「養護老人ホーム」についてご紹介します。


「養護老人ホーム」は、経済的な理由や、環境上の理由などで、自宅での生活が困難な高齢者の自立者を入所させて、養護することを目的とした「老人福祉施設」のことです。

経済的な理由や環境上の理由とは、要介護の必要な高齢者と同居している家族が、生活保護を受けていたり、市町村民税の所得割を課せられていない場合などのことを差し、いずれも自宅での生活が困難であると認められていることです。

また、65歳以上で、身体・精神に障害があり、自宅での生活が困難である場合も、入居できますが、「養護老人ホーム」は、「特別養護老人ホーム」と違い、介護保険施設ではないため、基本的に、寝たきりの方などは、入居できないことになっています。

「養護老人ホーム」では、医療面と福祉面のサービスを受けられることになっていますが、医療面のサービスについては、必要最低限の提供になっています。
この「養護老人ホーム」は、生活保護法の理念を元に作られているので、主に、生活に困窮しており、経済的な問題を抱えている方が対象となっています。
そのため、所得が多い方は、基本的に入所できません。

また、希望したからと言って、誰でもすぐに入居できるわけではなく、公的機関の判定が必要になってきます。

「養護老人ホーム」は、行政による措置施設であるため、入居の申し込みは、施設に直接申し込むのではなく、施設を管理している市町村に対して行うことになっています。
必要と認められた方を優先的に入居させており、申し込みをしても、判定を待たなければならないので、申請に時間がかかることが多いようです。


「養護老人ホーム」の費用は、入居者の経済状況によって異なり、0〜14万円程度です。
個室の場合が多いですが、相部屋の場合は、費用が1〜2割安くなるようです。


老人ホームに入りたい、入れたいと思っても、費用が負担になって諦めてる方も、この「養護老人ホーム」であれば、蓋が少なくて済むのではないでしょうか。
日常生活に不便することなく、過ごすことができるため、希望する方が多いですが、入居するには、時間がかかるなど、容易ではありません。

この「養護老人ホーム」への入居を希望される方は、まずは、市町村でお問い合わせください。

老人ホームの探し方関連情報

「養護老人ホーム」とは、どんな老人ホームなのか、その特徴や入居条件などをご紹介しています。
主に、生活に困窮しており経済的な問題を抱えている方が対象となっています。