軽費老人ホーム

「軽費老人ホーム」には3つの種類があります

老人ホームへの入居をお考えの方に、「軽費老人ホーム」をご紹介します。


「軽費老人ホーム」という言葉を、初めて聞いたという方が多いと思いますが、「軽費老人ホーム」も老人ホームの種類の一つであり、比較的低料金で入居できます。

「軽費老人ホーム」には、A型、B型、ケアハウスの3種類ありますので、それぞれについてわかりやすくご紹介します。


まず、A型ですが、身寄りがない高齢者や、家族がいるにもかかわらず同居できない方などが、給食サービス付きで低額料金で入居できる「軽費老人ホーム」です。
その他の入居の条件としては、60歳以上の方で、月収34万円までの方、保証人を立てることができる方などがあります。

費用は、経済状況などによって異なり、食事代込みで、6〜17万円程度です。
部屋はすべて個室です。


次にB型ですが、健康で自立した生活ができる高齢者を対象にした「軽費老人ホーム」で、自炊になります。
給食サービスが付いていないので、自炊できるということが必要になってきます。
また、60歳以上で、家庭環境や経済的な理由によって、家族と生活できない場合や、他に部屋が借りられないという方が対象になります。

費用は、3〜4万円程度で、食事や生活費は、全て実費になります。
部屋はすべて個室です。
最後にケアハウスですが、給食サービスが受けられたり、日常生活に必要なサービスが受けられるなど、基本的には、A型の「軽費老人ホーム」と同じですが、60歳以上で自炊ができない程度の身体機能の低下がある人や、独立して暮らすには不安がある人を対象にしています。

異なる点は、ケアハウスの場合は、もし介護が必要になった場合に、入居したまま介護サービスを受けられるという点です。

基本的には、入浴や排せつ、洗濯などの身の回りのことを自分ででき、介護の必要がない方が入居対象なのですが、入居中に介護が必要になってもそのまま入居し続けられるというのが、ケアハウスの特徴です。

費用は、経済状況によって異なり、6〜17万円程度です。
ほとんどが個室で、夫婦のための2人部屋が少しある程度です。
入居一時金として、50〜400万円が必要な場合もあります。


老人ホームへの入居を検討している方は、「軽費老人ホーム」の特徴をじっくりご覧いただき、選択肢の一つに入れてみて下さい。

老人ホームの探し方関連情報

老人ホームのひとつ「軽費老人ホーム」についてご紹介しています。
比較的低料金で入居できる軽費老人ホームには、3種類あり、その種類と特徴をご紹介しています。