有料老人ホーム 選び方

有料老人ホームを選ぶ4つのポイント

老人ホームには、いくつかの種類がありますが、最も入居しやすく、ポピュラーな「有料老人ホーム」の選び方についてご紹介します。


「有料老人ホーム」は、大きく分けて「健康型の有料老人ホーム」「住宅型の有料老人ホーム」「介護付きの有料老人ホーム」の3種類があります。
有料老人ホームを選ぶ際には、それぞれの入居条件と、入居者の状況を照らし合わせて検討する必要があります。

それを踏まえた上で、有料老人ホームの選び方をご紹介します。


(1)費用

有料老人ホームに入る上で、最も重要なポイントが、自分で費用をまかなえるかどうかです。
入居一時金がいくらか、毎月にどのくらいの費用がかかるのかなど、資金計画を立て、無理のない範囲内で入れる有料老人ホームを選ぶようにしましょう。


(2)介護サービス

最後までお世話してくれるというところがほとんどですが、お世話の内容は、施設によって様々です。
病気になったらどこまで介護してくれるのか、痴呆になったらどのような対応をしてもらえるのかなど、具体的に確認しておきましょう。
(3)気に入るかどうか

実際に見学したり、体験入所で、その有料老人ホームが気に入るかどうか、雰囲気があっているかどうかも選ぶポイントになります。
施設内の雰囲気はもちろん、周辺の環境も選ぶ際のポイントです。


(4)生活リズム

起床時間や就寝時間、入浴時間など、生活リズムは、人によって異なります。
入居する老人ホームによっても、規則はそれぞれ異なりますので、その規則や生活リズムが自分に合っているかどうかは、選ぶ際のポイントになります。
この生活リズムが合っていないと、最初は我慢できても、いずれは窮屈に感じるようになりますので、あらかじめ理解しておきましょう。


この他にも、有料老人ホームを選ぶポイントとしては、立地条件や交通の便、食事内容、共有スペースの充実さ、設備などがありますので、それぞれを細かくチェックした上で、入居を検討するようにしましょう。

老人ホームの探し方関連情報

有料老人ホームの選び方をご紹介しています。
有料老人ホームを選ぶさいには、それぞれの入居条件や入居者の状況を照らし合わせて考慮する必要があります。