有料老人ホーム 費用 選び方

有料老人ホームにかかる費用のご紹介と選ぶポイント

有料老人ホームを選ぶ際に、最も気になるのはその費用だと思います。

有料老人ホームは、公的機関から補助がないため、高額になるケースが多く、その費用によっては、入居を断念せざる負えない場合もあります。

また、設備や提供されるサービスなどによっても費用が異なるため、限られた資金の中で、有料老人ホームを探す場合は、その資金内でどれだけ希望通りのところに入れるかがポイントになってきます。

ここでは、有料老人ホームにかかる費用から見る選び方をご紹介しますので、参考にしてください。


一般的に、有料老人ホームは、入居一時金がかかります。
そのため、入居一時金を含む当面のお金が用意できるところを選ぶ必要があります。

また、毎月のどのくらいの生活費が必要か、病気やお葬式などの費用はいくらかかるかなども試算しておく必要があります。

入居にあたって、どのくらいの費用が必要になるか、おおよその目安をご紹介しますので、選ぶ際のヒントとしてお役立てください。
(1)入居一時金

自分の部屋や各種施設、サービスを終身で利用する権利に対して支払う費用で、入居時に支払う必要があります。
数十万〜一億円までと非常に幅広いですが、いずれの場合も、大きなお金が必要になってきます。


(2)介護費用

終身介護費用を入居時に支払うところと、介護が必要になってから支払うところがありますが、300万円以上になっており、非常に高額です。


(3)管理費用

有料老人ホームのサービスや施設の管理のために、毎月必要な費用で、4万円〜20万円まで施設によって異なります。


(4)食費

毎月3〜6万円かかります。


(5)光熱費

管理費に含まれている場合もありますが、そうでない場合は、5千円〜2万円程度かかります。


(6)生活費

趣味に使うお金や交通費、電話代などの、個人的に使う生活費を確保しておく必要があります。


(7)その他

病気やお葬式の費用など、急な出費の為の備えも必要です。


有料の老人ホームにかかる費用を、簡単にまとめてみました。
これだけ見ても、思った以上に費用がかかると思った方もいると思います。
有料老人ホームを希望される場合は、余裕を持った資金計画を立て、検討してみて下さい。

老人ホームの探し方関連情報

有料老人ホームにかかる費用から見る選び方をご紹介しています。
様々な費用がかかってくる有料老人ホームですが、どれぐらいの費用が必要となってくるのでしょうか。ご紹介します。